ずっとfimoでブログを書いていましたが、今後はこっちでブログを書いていこうと思います。

理由は大人の理由です。。。。

それは置いておいて

ベイトタックルから始めるシーバスのススメについて3部構成にて書いてみようと思います。

まずはその1タックル選びについて

ここで触れておきたいのが値段比較をスピニングと徹底的に比較してみようと思います。
中級的見解の自分の判断基準はとにかく楽天ランキング、ナチュラムランキングに従っていこうと思います。

まずはロッドです。
スピニングモデルから

1位
2位
3位

4月8日調べ

とまぁこんな感じでした。売れ筋ランキングだったので時期的にいろいろな要素がありそうなので上位ランキングに上位モデルがランクインしている形なのかな?
値段比較してみたかったのですが、上位モデルがランクインしているので、比較検討が難しくなりましたが、とりあえずこのままいきましょう。

続いて

ベイトタックルです。
1位
2位
3位
スピニングに比べてとても素直なランキングに感じました。

価格比較
スピニング  合計 150255円 最高値 モアザン 69984円
ベイト    合計 139718円 最高値 ブリスト 57618円

ナチュラムランキングのただただ値段比較です。
他意はありません。。。

ここでエントリーモデルの比較としてはどうなのかという点が大切になってきます。
ランキング3位内での比較としては
スピニング  ディアルーナ 20007円
ベイト    エクスセンス 38360円

やっぱりベイトモデルのほうが高いですね。。。

ロッド値段比較の結果は、

スピニング 安い  >  ベイト 高い

という結果になってしまいました。

さてここで、目的のタイトルに戻します。
ベイトタックルのススメです。

ロッドは確かに、1万から1万5千くらい高いですねー。
いきなりベイトから始めるシーバサーに何のメリットもないように思いますよねー。

ベイトタックルを進める3つの理由

その1.「かっこいい」

値段比較をしましたが、
その本当の理由は、上位モデルの比較です。

シーバスを初めてみて、釣りにはまるとやはりもっと釣りたい、もっといいタックルが欲しいと思うようになります。

必ず

絶対

間違いなく

死んでも

でそこで先ほどの比較を見てください。

モアザンなどは究極ですが、7万近いですね。
ところが、ベイトは安定の5万付近です。

単なる需要と供給の差だよっていうかもしれませんが、これは結構大きいです。

上位モデルにエントリーしやすいベイトタックルは、すでにかっこいい上位モデルへの近道です。
釣りにおいてかっこいいとかは必要ないという方はもうすでにこの話は無意味ですが。。。

その2. 「強い」

ロッドにおいて強いという表現は、よくわからないと思いますが、引き寄せる力はやはりベイトタックルのほうが強いと思います。

太糸に加えて、ベイトリールの巻き上げ力とベイトロッドの引き寄せ力は、大物もなんのそのです。

その3. 「操作し易く高感度」

ジャーキング、リフト&フォール、ドッグウォークなどロッドをしたから支える持ち方のベイトタックルは手のひら全体から感度が伝わり、さらにルアーの感触がとてもよくわかります。

以上の3要素は、シーバスや青物をルアーで狙うときにはとても重要だと思います。

で、、、結局どのロッドがいいのかということになります。

その発表は、次回もりもりでお伝えします。




ベイトリールカスタムするならここ一択!!
日本最大級のカスタムパーツ品揃え!ヘッジホッグスタジオ