GW目前!

遠征を計画している人もいると思います。

いい遠征はいい準備から!

とにかく準備が大事。


何を釣りに行くかで、タックルも変わってくると思いますが。。


私がおススメするタックルをご紹介します。

とりあえずベイトタックル、なによりもベイトタックル、絶対ベイトタックル

一気に絞られましたね。。。。


ロッドは 言わずもがな Fishman


なぜかというと、4ピースロッド BC4シリーズですね。

BC4シリーズには全4機種あります。

一番ライトプラグを投げれる。
5.10 LH


真ん中の強さの
5.10 MXH
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブリスト BC4 5.10MXH
価格:52704円(税込、送料無料) (2018/4/15時点)


さらにパワーアップした
5.10 XH


そして私が一番欲しい
6.10 XH
ジギングまでこなし、ルアーウエイトは150gまで投げれる。
モンスターロッド。
それでいて軽いルアーもこなせてしまう。

このロッドはもともとスリーピースで作られていましたが、
赤塚氏が遠征用にフォーピースモデルを改めて作製したものです。

ロッドは関節が増えるほどその作製は難しくなっていきます。

それを何の違和感もなく従来通りのロッドのしなりを再現してしまう。

いいメーカーですね。

このロッドの特徴は4ピースだけではなく、

 その仕舞寸法 

ビジネスキャリーバッグにそのまま入ります。


遠征&出張にもってこいですね。

さらにベイトリール

スピニングもハンドルを外せば小さくなりますが、

ベールが曲者。

ルアーやグリップなどのタックルや着替えなどをギュウギュウに詰めた状態で、

スピニングリールを入れるとベールが曲がる可能性があります。

その点、ベイトリールはコンパクトな上に硬性があり、曲がる心配がりません。

私、中級的思考によるおススメ遠征タックル

BC4 6.10 XH × カルカッタコンクエスト200HG

10g~150g までをカバし、オフショアでジギングまでこなすロッド。

カルカッタコンクエスト 200HG 近海のジギングやキャスティングまでカバーできるリール。

とにかく遠征先では、荷物は最小限に、タックル自身が応用の利くものを選ぶとよいでしょう。




遠征計画はこちらから


キャリーケースはおしゃれにイタリア製
イタリア発おしゃれなスーツケースCRASH BAGGAGE

レンタカーで快適遠征