この方をおススメするのはなかなか勇気がいりました。

自分の釣りに大きな影響をもたらしたFishmanの創設者。

赤塚 ケンイチ氏

北海道を拠点としてハンドメイドでロッドを作成し、クチコミでそのロッドの良さが広まった。その後Fishmanを創設され、今ではベイトロッドの有名ロッドメーカーに!

そしてタイトルの変化にお気づきだろうか。

赤塚氏はシーバスプロアングラーではありません。

世界を股にかけるアングラーで、魚種はソルトから淡水まで幅広い怪魚を相手にしているからです。

そんな赤塚氏をススメる理由その1

ロッドのプレゼンが分かり易い

Fishman動画をみたことがありますか?
まずはご覧ください。


ロッドのインプレや動画はこれまでもたくさんみてきました。

が、、、

大概はプロアングラーはルアーや釣り視点が多い。

ルアーが扱いやすいとかバイトを拾いやすいとかが多い。

そんな中で赤塚氏のプレゼンは、ロッドメーカーだからこそのプレゼン。

どこをどう作ったからどう曲がってどう動き、だからどこがいいのかが鮮明に伝わりました。

もちろんFishmanの最初のDVDは擦り切れるまで見ました。実釣は短いのにロッドの話だけ何度も見ちゃいました。

ロッドは触って買いたいと思っていましたが、Vendavalは赤塚氏のプレゼンで9割購入意思が決まってしまいました。

理由その2

釣り動画のスケールがデカい

海外遠征をブログでよく見ますが、釣りのスケールが大きい。

現地でのやりとりなど、とても面白いです。

いつかは行ってみたいです。

Fishmanで海外遠征ツアーしてくれないかなぁ!

私もビッグなピーコックバスを5.10やcomodoで釣って、指ドラグで「あっちぃ、あっつ」って言ってみたいです。

最後にココだけはこうして欲しいと思う点!

それは


髪を切って欲しい

と時々思ってしまいます。

他テスターの方も何人か仙人みたいになっているのでインパクトはcomodo級ですが、爽やか路線も欲しいと思います!